トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 肩腱板損傷、放置は治らない!五十肩と似た症状でも素人判断禁物

肩腱板損傷、放置は治らない!五十肩と似た症状でも素人判断禁物

肩腱板損傷は放置しても自然に治ることはありません!

肩の痛み、肩腱板損傷
肩が思うように上がらなかったり、関節に痛みがあったりする場合、「これくらいなら我慢できる」、「年齢的にも不調が出るのは仕方ない」と、放置していませんか?!

しかし、その肩の不調、もしかすると「肩腱板損傷」かもしれません。これぐらい大丈夫!というような軽い気持ちで放置することなく、早めに医療機関を受診することをお薦めします。

そこで今回は、肩腱板損傷を放置したらどうなるのか、早期の受診の重要性についてご紹介します。

肩腱板損傷は、四十肩や五十肩と同じ部位で、似た症状

肩の関節の痛みや思うように動かせないといった場合、「四十肩や五十肩だろう」「きっとそのうち治るだろう」と簡単に考えて様子見される方がほとんどではないでしょうか。

肩の痛みを放置しても治らないことがある
実際に、四十肩や五十肩であった場合は、確かに放置しておいても自然に症状が軽くなっていくので問題はありません。問題は、自己判断で四十肩や五十肩と思い込み、ネットなどの情報を得て放置するケースです。

このようなケースは、五十肩と部位や症状が似ているために起こります。このような似通った症状や部位の場合、「自分で判断」したことが誤りとなった例です。身体のことは、自分で判断せず専門医に診てもらうことが大切です。

最初の素人診断で誤ってしまい、そのまま誤った情報で行動することは一番避けてほしいところです。

その肩の不調が、四十肩や五十肩ではなく「肩腱板損傷」であった場合、放置しても自然に治るということはほぼないからです。

肩腱板損傷を放置すべきでない理由

肩腱板損傷は自然に治ることは期待できないので放置するべきではありませんが、「これくらいの症状なら我慢できる」と思って放置してしまう人もいると思います。

しかし、肩腱板損傷は放置していると損傷した部分から損傷が広がり、痛みなどの症状が強くなる可能性が高くなります。また、放置することで悪化し、腱板が断裂すると、断裂した部分の筋肉が退縮してしまい、修復することができなくなってしまいます。

肩腱板損傷は放置せずに治療しよう

「我慢できる程度だから」「診察が悪く出ると面倒」「治療方法も不安だから」などと、病院に行くことをためらってしまうという人もいます。ただ肩腱板損傷は放置しても治らず、症状が進行する可能性が高く放置して得はありません。

面倒や不安があっても、医療機関へ足を運ばれることをお薦めします。

医療機関では、薬や注射、超音波などで炎症を抑えて痛みを抑える治療が行われるのが一般的です。また、損傷部分の周りの関節や筋肉を柔らかくしたり鍛えたりすることで症状を軽くする、リハビリや運動療法が行われることもあります。

肩腱板損傷の状態によっては、手術も選択肢の 1 つになります。手術では、数か所小さな穴を開けて損傷部分の修復をする「関節鏡下手術」が一般的です。

近年では、手術をしない注射治療の「再生医療」も注目を集めています。

まとめ・肩腱板損傷は放置では治らない!素人判断せずに受診が正解

肩腱板損傷による肩の痛みを素人判断で放置するとどうなるかについて、また、医療機関での治療方法についてご紹介しました。

肩腱板損傷は、放置しても治りません!放置すると悪化し、修復することが難しくなって重症化します。

症状が進行した結果、どうしようもなくなってから医療機関に行っても、回復が遅れるばかりか症状の改善も困難になることが多いため注意が必要です。

大小、どのような痛みにもかかわらず我慢するのはつらいものです。

自己判断で済ませず早めに医療機関を受診するようにしてください。肩腱板損傷でなければ幸いですし、たとえ四十肩や五十肩であっても正しい治療を受けられるため安心です。

いずれにしても医療機関への受診は正解で、損はありませんよ!

 

▼こちらも併せてご参照ください。

https%3A%2F%2Fafricatime
favicons?domain=africatime 肩腱板損傷のケア、安静にしすぎは逆効果!ただし自己判断禁物
目次1 肩腱板損傷のケア、安静にしすぎは逆効果!ただし自己判断禁物1.1 肩腱板損傷ではストレッチをしたほうが良い!1.2 肩腱板損傷におすすめのストレッチとは?2 肩腱板損傷でストレッチをするときは専門医に相談しよう3 […]

 

監修:リペアセルクリニック大阪院

再生医療のリペアセルクリニックTOPトップ