症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 60代男性 頚椎・腰椎ヘルニア術後の痺れと腰痛がつらい!

60代男性 頚椎・腰椎ヘルニア術後の痺れと腰痛がつらい!

頚椎・腰椎ヘルニア術後、両手の痺れが強くつらい

この方は若い頃から、運動が好きでランニング、ゴルフ、筋トレとかなり体を酷使してきました。2002年ごろから両手の痺れが強く認め2009年に頚椎ヘルニアの前方侵入手術をしました。

しかし、痺れは軽快せず、2011年に再度頚椎ヘルニアの後方除圧術を行うも効果なく。さらに2014年レーザーでの治療するも効果なく今に至っていました。両手しびれは依然として残り、かなりつらいためリリカやトラムセットなどの痛み止めや痺れ止めの内服薬を服用されていました。

それだけの薬を飲んでも、少しだけ痺れがマシになるだけで、やはりつらい痺れは残っている状態でした。風が吹くと痺れがつらいとも言われておられました。

腰椎については、2015年に間欠破行といって歩行していると足の痺れが出現し一度休憩しなければならない状態が出現しました。その後2016年、2020年と2回腰椎の手術をして間欠破行は消失するも今度は腰痛が強く出現しました。

その後は1週間に1回のブロック注射でなんとか痛みを凌いでおられました。元々運動が好きな方なので、ランニングや筋肉トレーニングが思うようにできないことが何よりも辛いと言っておられました。

そんな手の痺れと腰痛は一生付き合わないといけないと諦めていた時、当院と出会い来院されました。診察してみるとMR I上では以前のヘルニアは手術によってしっかり除去されており、脊髄の通り道は解放されていました。

ただ、長い間脊髄がヘルニアにより圧迫されていると、手術して開放してあげても脊髄や神経根のヘルニアによる損傷は完全には回復しないこともよくあります。特にヘルニアの症状が出現して長い時間経過すればするほどその傾向は強く見られます。

ヘルニアの手術と言われた場合、主治医からは『手術をしても神経の痛みは軽減すると思われますが、痺れは残るかもしれません』や『手術をしても回復するかはわかりません。

これ以上の神経症状や筋力低下の進行を抑えるための手術となります』など言われる方は多いと思われます。頚椎ヘルニアや腰椎ヘルニア、頚椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症の症状というものは、手術をしても痺れや筋力低下の後遺症が残ることはよくあります。

従来の治療では、手術以上の治療がないのでこのような後遺症に悩まされている方は多く見てきました。

神経損傷の回復には医師であっても予測困難なことがあるのです。痺れの原因はMRIなどの検査ではわからないのが実情です。ここのヘルニアがあるから、ここの神経が損傷してこの場所が痺れたり筋力が落ちるといった予測は可能です。

しかし、なぜここのヘルニアでここが痺れるのか?といったこともよく見られます。MRIがどれだけ進歩しても細かい圧迫や神経損傷は写らないためです。

手術はうまくいったが・・・

頚椎椎間板ヘルニアの再生医療

 

脊髄内へ直接幹細胞を1回投与

投与後4日目

・手の痺れ3割軽減

投与後6日目

・手の痺れ、腰痛が半減する

投与3週間後

・腰痛は7割軽減する

投与1ヶ月後

・手の痺れ7割軽減 腰痛は8割軽減

 

今まで手術やレーザー治療などをしても全く効かなかった強い痺れという症状が、脊髄内への幹細胞投与にてかなりの改善が見られました。これだけの痺れ軽減には私も驚いております。

いつも指の痺れが強くて風が吹いても痛く感じていたのが今では嘘のように軽い痺れだけとなりました。手術やレーザーでは治り切らない小さな傷が脊髄に残っており、幹細胞投与によってその小さな傷を修復し再生されたということです。

脊髄神経は枝のように細かい神経を出して身体中に出ています。その枝のような神経の損傷はMRIでも発見することが困難です。分かりやすいヘルニアの突出は手術で除去できても、手や足に伸びている細かい神経までの損傷はMRIでは発見不可能です。

そこに投与して幹細胞がホーミング効果により神経を再生させるのです

数年から数十年経過した神経損傷は、通常治らないと言われていましたが再生医療では良好な効果が出ています。

この方は、他にも腰椎椎間板ヘルニアの手術をしており、手術後は下肢の痺れは取れましたが、腰痛が出て毎週ブロック注射をしておりました。しかし、今回の脊髄内投与にて腰痛も8割軽減されました。これだけの症状が軽快し、今回の幹細胞治療はかなり良好だったと言えます。

実は、この方には左の変形性股関節症とCM関節症による関節の痛みもあり、今回同時に治療しております。

この治療についての詳細はこちらへ

 

ヘルニアによる後遺症で悩まれている方は多くおられます。しびれや痛みで日常生活に支障があっても我慢するしかありませんでした。しかし、幹細胞を脊髄内投与することで損傷部の修復・再生が可能となり症状もかなり軽減させることが可能となりました。

 

<治療費>  
198万円〜(税込)
<起こりうる副作用>
・細胞採取部の内出血や創部感染、傷跡などが起こることがあります。
・症状のよりMRIやCTなどの検査を受けて頂く事があります。
・注射の後、数日間の頭痛が認められることがごく稀にあります。

 

ID000020

再生医療医師監修:坂本貞範

 

再生医療のリペアセルクリニックTOPトップ