ブログblog

花粉症には辛い季節ですね🤧

スタッフ ブログ 免疫

ウイルスを殴る

まだまだ厳しい寒さ❄️は残るものの、暦の上では春を迎えましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

東京では、1月下旬に最高気温が14.1℃まで上がり、3月中旬並みとなりました‼️
春🌸を先取りした暖かさとなり、気になるのが「花粉」ですね🌲
今年は、花粉の飛散開始日が、例年並みか例年よりもやや早くなる所が多いと言われており、2月上旬から中旬に「飛散開始日」の発表があってもおかしくない状況だそうです。

そこで今回は、花粉症が発症する体内のメカニズムとそれに対する治療法についてお話しさせていただきます。

【メカニズム】
体内に異物🦠が侵入→身体の免疫機能が過剰に反応→正常な細胞も異物と判断→攻撃⚡️

免疫細胞には細菌やウイルスを排除する細胞と、花粉や埃などアレルギーの原因となる異物を排除する細胞の2種類があります。この2つの細胞のバランスが保たれることで、免疫機能を担っていますがこのバランスが崩れることで本来味方である細胞も攻撃するようになり、それが花粉症症状などのアレルギーを引き起こしてしまいます。

【治療方法】
そこで‼️この細胞のバランスの乱れを調整するために、 重要な働きをするのが、NK細胞(ナチュラルキラー)です✨

NK細胞は、免疫細胞の一つで、生まれつき持っている防御機構においてとても重要な役割を担っています。このNK細胞を活性化させることでこの崩れたバランスを改善し、花粉症などアレルギー症状の予防が期待できます。

当院では、免疫細胞療法も行っておりますので花粉症などのアレルギーにお悩みの方はお気軽にご相談下さい🌱

再生医療のリペアセルクリニックTOPトップ