Dr.サカモトの再生医療チャンネルdr.sakamoto's channel
  • HOME
  • Dr.サカモトの再生医療チャンネル
  • 『変形性膝関節症の落とし穴』 実は変形性膝関節症だった!変形性膝関節症の初期は見逃されやすいので注意が必要です!!診断についてDr.サカモトが解説します。

『変形性膝関節症の落とし穴』 実は変形性膝関節症だった!変形性膝関節症の初期は見逃されやすいので注意が必要です!!診断についてDr.サカモトが解説します。

こちらの動画では、変形性膝関節症の診断についてDr.サカモトが詳しく解説いたします。意外に見落とされていたりすることがあるので、注意が必要です!!
膝関節の痛みで悩まれている方は、一度ご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
膝関節に痛みを訴える方が、皆さん変形性膝関節症ではない場合もあります。
痛みの原因をしっかりと把握した上で、治療を行うためには正しい診断が必要です!!

変形性膝関節症とは!?

軟骨→半月板→骨の順ですり減っていきます。
変形性膝関節症の初期の初期:骨の隙間が狭くなっていない方が多く、軟骨が少しだけ傷ついている状態です。

まず診断を行うには、レントゲン撮影が必要です。

レントゲン:骨を中心に診断するため、半月板・軟骨は映りません!

変形性膝関節症の正しい診断方法

・レントゲン撮影について

レントゲン撮影では、骨に起こった変化のみ映し出されます。
撮影時は、寝た状態で行わずに、立っている状態で行うことでより正確な診断が可能です。
寝た状態では、軟骨の損傷があった場合でも関節の中の変化が少ない為、正常のように撮影されます。

・MRI検査につて

MRI検査では、レントゲンで映らない部分の撮影が可能です。
軟部組織と言われる軟骨・半月板・靭帯などの診断に有用です。

これらの検査を行うことで情報を収集し、診断を行います。

変形性膝関節症の確定診断を行うには、血液検査や骨シンチなどの検査もあります。これらの検査を行うことで、除外診断を行い確定していきます。

変形性膝関節症と類似した疾患について

関節リウマチ・痛風・腫瘍・半月板損傷・靭帯損傷・鵞足炎・骨壊死などがあります。

思い込みは危険です!!
診察を受けたが、長引く痛みや安静時の痛み・熱感・腫脹がある場合などは、注意が必要です。
変形性膝関節症と思い治療を続けても症状に変化がない場合は、
追加検査を行い、『本当の膝の痛みの原因を探すこと』主治医と相談してみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ お困りなら
・お電話やメールなら無料で事前にご相談頂けます
・カウンセリングにお越しいただければ親切丁寧にご説明させて頂きます

★★★お電話でのお問い合わせ・ご相談(無料)
0120-706-313 (10:00~18:00)

★★★WEBお問い合わせ・ご相談(無料)
https://fuelcells.org/flow/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

治療やカウンセリングには、
日本全国、北は北海道から、南は九州、沖縄まで多くの患者様がご来院。

▼ 早期治療が肝心です。
こんな些細な事を聞いていいのかな?・・・などと考えず、お気軽にお問い合わせください。不安を軽くし、安心してご相談いただけるよう心がけています。

▼お問い合わせ、ご来院予約
□ リペアセルクリニック
□ お電話でのご相談: 0120-706-313(10:00~18:00)
□ メールでのご相談: https://fuelcells.org/mail/

再生医療のリペアセルクリニックTOPトップ