Dr.サカモトの再生医療チャンネルdr.sakamoto's channel

「変形性膝関節症とよく間違われる疾患5つについて」膝関節の痛みでお悩みの方、一度ご覧ください!!Dr.サカモトが詳しく解説します。

今回の動画では、「変形性膝関節症とよく間違われる疾患5つについて」という内容で膝関節周辺の疾患についてDr.サカモトが詳しく解説します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一般的に変形性膝関節症の治療方法は、『ヒアルロン酸注射』・『薬』・『リハビリ』を行なっていても、
一向に良くならないことはありませんか?

そんな状態になられている方は、変形性膝関節症ではないかもしれません。
本来の原因を見つけるための、ヒントやアドバイスを紹介いたします。

変形性膝関節症と間違われやすい膝関節周辺の疾患5選をお伝えします。

1.鵞足炎

膝下5cmの脛骨内側部を『鵞足部』と言います。
鵞足部は『縫工筋』『薄筋』『半腱様筋』の3つの筋肉で構成されています。
鵞足炎は、膝の屈曲(曲げる動き)や股関節の内転(足を内側に閉じる動き)に、慢性的な痛みが出ます。

2.半月板損傷

スポーツなどでよく損傷されるのが、この半月板です。
膝関節内には、クッションの役割を持つ『半月板』があります。
実は、変形性膝関節症と診断されたすべての方は『半月板損傷を伴っている』ことが多いと言われています。

変形性膝関節症の過程

半月板が損傷、膝のクッションが壊れる
→軟骨がすり減る
→変形性膝関節症になるスピードが早まる
半月板損傷の一般的な治療法は、手術で半月板を切り取ります。
しかし、痛みが取れても、数年後に変形性膝関節症になると言われています!

3.骨壊死

骨壊死は、よく見逃される疾患の1つです。
レントゲンでは映らないことが多く、MRIで判別します。
痛みの特徴としては、歩行時に『針で刺された』ような鋭い痛みが挙げられます。
骨壊死の一般的な治療法は、自然に痛みが治るまで『リハビリ』や『薬』での対症療法となります。
それでも痛みが治らない場合は、『人工関節手術』となります!
軟骨が残っているのに『人工関節』になる症例が多くみられます!!

4.関節リウマチ

変形性膝関節症とし治療しても、なかなか痛みが治らない、安静時にも痛みが出る。などの症状で、採血すると実は関節リウマチと診断されることがあります!
脚の変形にも特徴があります。
関節リウマチ:X脚に変形しやすい
変形性膝関節症:O脚に変形しやすい

5.膝蓋腱炎、大腿四頭筋腱炎

筋肉が硬くなる、スポーツで疲労し腱鞘炎になることがあります。
膝蓋骨を基準として、
膝蓋骨の上の症状:大腿四頭筋腱炎 
膝蓋骨の下の症状:膝蓋腱炎
と見分けられます。
特徴として、腱を指で押すと痛みが出ます。
→硬い筋肉をストレッチでほぐすのが一番の治療法となっています。

変形性膝関節症の治療をしていて治らない場合は、5つの疾患を思い出していただければと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ お困りなら
・お電話やメールなら無料で事前にご相談頂けます
・カウンセリングにお越しいただければ親切丁寧にご説明させて頂きます

★★★お電話でのお問い合わせ・ご相談(無料)
0120-706-313 (10:00~18:00)

★★★WEBお問い合わせ・ご相談(無料)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

治療やカウンセリングには、
日本全国、北は北海道から、南は九州、沖縄まで多くの患者様がご来院。

▼ 早期治療が肝心です。
「疑問や質問は、早めのお問い合わせが大切です。

こんな些細な事を聞いていいのかな?・・・などと考えず、お気軽にお問い合わせください。不安を軽くし、安心してご相談いただけるよう心がけています。

▼お問い合わせ、ご来院予約
□ リペアセルクリニック
□ お電話でのご相談:0120-706-313(10:00~18:00)
□ メールでのご相談

すべては患者様のため、手間を惜しまず取り組み続けてまいります。

再生医療のリペアセルクリニックTOPトップ