Dr.サカモトの再生医療チャンネルdr.sakamoto's channel

再生医療で劇的回復した【腱板損傷と変形性膝関節症】!その診察風景をご覧いただけます。必見です!

再生医療で劇的回復した【腱板損傷と変形性膝関節症】!その診察風景をご覧いただけます。必見です!

監修/リペアセルクリニック理事長:坂本貞範

 

右肩腱板損傷 両変形性膝関節症~70代女性~

 

坂本Dr:麻酔をしてマニピュレーションと言ってね、ちょっと痛い思いをしたと思うんですけど、その後次の日からどうでした?

 

患者様:ほんっともうね、楽になりました。両手挙げても長時間我慢できるくらいになりました。

肩腱板損傷の治療

坂本Dr:その前まで痛みが10だったとしたら次の日とかはどのくらいまで落ちました?

 

患者様:完全にもう!ほとんどと言っていいくらい!

 

坂本Dr:次の日から今日まで数日ありますけど、その間でもだんだん落ち着いた感じですか?

 

患者様:だから後は自分でストレッチ、頻繁にしてます。だからもう、期待してます!今までは重い荷物を持ち上げると角度によってイタッてなって持ち上げられないんですね、だから一切ダメでしたけど

 

坂本Dr:今はまだ重たいもの持てないですもんね?

 

患者様:いや、持てます!持たないとダメなんですよ(笑)

それもね、楽々できるようになりまして、おかげさまでありがとうございます。

 

坂本Dr:引き続き運動とストレッチだけやっていただいて 関節の動きだけ今診ますのでちょっとね、立っていただいて

~直接、腕の可動域を診ていきます~

ちょっと動かします。自分でね前にやって すごく動いてますね

 

患者様:そうなんです。耳つかなかったんですけどね。

 

坂本Dr:じゃあ次にこうして これね外旋っていうんですけど、これってねなかなか取れないんですよ最後まで。

 

患者様:先生(前は)痛かったです。されたときは。

 

坂本Dr:最後まで取れないけど 結構動いてますね!90度いってますね、ばっちりですね!

 

患者様:全然痛くないです。

 

~膝の経過を確認していきます~

坂本Dr:そして両膝の痛みなんですけど、幹細胞受ける前はどんな感じでした?

 

患者様:右は寝てても寝返り打つときは手を添えて足を動かさないと痛い。階段は一歩一歩、一段一段降りるような状態でした。スタスタと降りられないんですよね、だけど(再生医療)していただいてからは徐々に2回目くらいからは痛みが半分くらいになりまして、3回目は必ずといっていいくらい良くなってスタスタと歩きますし、ウォーキングシューズ普段履いてるんですけど、普通のオシャレ靴のパンプス履いたりするようになりました!

変形性膝関節症の治療

坂本Dr:じゃあ肩と同じように膝もだいぶん良くなったんですね!

 

患者様:そうです!

 

坂本Dr:買い物行っても

 

患者様:ええもう全然 よく歩いてますしね。

 

坂本Dr:階段降りるのも大丈夫?

 

患者様:スタスタ行ってます。普段の買い物は自転車なんですけど、ペダルを漕ぎだす時前は痛かったんですけどスイスイ漕げますし、これは私も良かったと思ってます。このままね、死ぬまで維持できてそのように筋トレしっかりと大腿四頭筋なんかを鍛えて

 

坂本Dr:ケアしていったら長持ちすると思います。よかったです。

 

患者様:感謝しております。

 

坂本Dr:また何かあれば仰ってくださいね。

 

 

———————————————————-

治療やカウンセリングには、 日本全国、北は北海道から、南は九州、沖縄まで多くの患者様がご来院されています

▼半月板損傷や腱板損傷、変形性膝関節症を「再生医療(幹細胞)」で治療したい!

治療できるか?など、 ご質問や疑問などは、今すぐお問い合わせください。

こんな些細な事を聞いていいのかな?・・・などと考えず、
お気軽にご相談いただければ嬉しく思います。不安を軽くし、安心して治療に入っていただけるよう心がけています。

▼お問い合わせ、ご来院予約

□ リペアセルクリニック
□ お電話でのご相談: 0120-706-313(全国10:00~18:00)
□ メールでのご相談: https://fuelcells.org/mail/
□ ご来院予約: https://fuelcells.org/reservation/

再生医療のリペアセルクリニックTOPトップ