症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 脳出血発症後の後遺症に対する幹細胞治療 50代男性

脳出血発症後の後遺症に対する幹細胞治療 50代男性

2020年に腸炎で入院した翌日に脳出血を起こし手術をされました。その後左片麻痺 高次脳機能障害となる。術後は2ヶ月ほど寝たきりの生活が継続していたが、現在は車椅子まで回復されました。左麻痺は残りましたが、痺れなどの症状は認めていませんでした。左下肢の筋力はほとんどなくて杖歩行も不安定でした。

幹細胞投与後の変化

左大腿四頭筋力 2→5ー 膝を伸ばすことができなかったが、筋力回復しほぼ正常までもどる

足の指に力が入り立っている時も安定出来るようになる

体幹の力がついて歩行も安定する

車椅子から移乗するとき、肩にも力が入るようになり一人でもできるようになる。

左肘が固まっていたが、伸びるようになる

左股関節の外転ができるようになる

 

このように、以前は車椅子から移乗するのにも介助が必要であったが一人で移譲が出来るようになりました。下肢の筋力はかなり回復し、体幹の力もついたことから歩行も安定するようになる。当院では、脳卒中の幹細胞治療をおこなっていますが、多くの方で筋力の回復を認めておりそのことでできなかった動作が一つでも多く可能になることで、日常の生活の向上にとても良い効果が現れています。当院独自の冷凍せず培養する方法で、生き生きとした幹細胞を投与することにより神経の再生、修復が可能となりました。

 

<治療費>
幹細胞点滴 投与回数(1回~3回)
242~594万円(税込)   

<起こりうる副作用>
・細胞採取部の内出血や創部感染、傷跡などが起こることがあります。

・症状のよりMRIやCTなどの検査を受けて頂く事があります。

 

ID T000211

再生医療医師監修:坂本貞範

 

再生医療のリペアセルクリニックTOPトップ